bsdtarというプロセスによってmacのCPU使用率が100%になったときの解決策

2020.04.18
本ページの対策を自身のmacに適用してしばらく症状が収まっていたのですが、再び症状が再発いたしました。

 

私が使用しているmac miniとmacbook proがmac osをcatalinaにアップデートして以来度々CPU使用率が100%近くになる症状に悩まされていました。アクティビティモニタを確認してみるとbsdtarというプロセスが複数立ち上がっており、CPUを占有していたため、今までは症状が出るたびにプロセスを終了していましたが、毎回プロセスを終了するのも億劫なので本記事では解決策を備忘録として残しておきます。

損害等の責任について

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負いません。

当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。

解決策

  1. ターミナルを開く
  2. コマンド sudo chmod 755 ~/Library を実行

参考にしたページ(英文)

https://forum.parallels.com/threads/high-cpu-usage-due-to-bsdtar-process.348187/

https://forum.parallels.com/threads/high-cpu-usage-due-to-bsdtar-process.348187/page-6

どんなユーザーに発生するのか?

以前google検索にてmac high cpu usageと検索した際に、parallelsのサポートページにて同様の症状を訴えるユーザーが多発しており、このことから本症状はmacにてpralells desktopを使用しているユーザーに発生する可能性があると考えられます。(症状が発生している私のmac miniとmacbook proはどちらもparallels desktopをインストールしていました。)

ターミナルを開く

Launchpadからターミナルを開く

chmod 755 ~/Library と入力

ターミナルを開いたらchmod 755 ~/Libraryと入力しましょう。(ターミナルの見た目はmacOSや使用環境によって変わる可能性があります。)

ここではいつもmacにログインするために入力しているパスワード入力します。(入力したパスワードはセキュリティのため表示されませんが、気にせず入力してエンターキーを押しましょう)

コマンドの解説

sudo

不用意にコマンドを実行するとコンピュータが正常に動作しなくなる可能性があるため、いくつかのコマンドは管理者権限で実行する必要があり、sudoはコマンドを管理者として実行するためのコマンドとなります。

chmod

ファイルやディレクトリ(フォルダー)の読み込み・書き込み・実行の権限を変更するコマンドです。権限は所有者、グループ、その他に分けて付与することができ、オプションで詳細を設定します。

755

chmodのオプションのひとつです。今回は所有者に全権限を、グループ・その他には読み込みと実行の権限を与えます。

~/Library

ディレクトリ(フォルダー)のパスです。

権限をもとに戻す方法

  1. ターミナルを開く
  2. sudo chmod 700 ~/Libraryを実行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です